DeepX

「あらゆる機械を自動化し、世界の生産現場を革新する」 DeepXは、先端人工知能技術を駆使して「あらゆる機械の自動化」を実現し、世界中の生産現場で生じるさまざまな課題の解決を目指します。

DeepX公式マガジン

事業内容・メンバー紹介・社内の様子など、定期的に情報を発信していきますので、是非ご覧下さい!

  • 10本

<DeepX HISTORY 後編>“機械の自動化”というロマンは今、本格的に社会を変えるフェーズへ丨代表取締役:那須野薫

前回の記事では、起業の経緯や立ち上げ時の奮闘をご紹介しました。今回は、DeepXの急成長していく事業の変遷と、その中で培われてきた文化、そしてこれからの展望をご紹介します。 DeepXが実現する“あらゆる機械の自動化”という未来像に少しでも興味がある方は必見です。ここから、さらに新しいフェーズに踏み出し、革新を生み出そうとするDeepXの現在を是非ご覧ください。 増員・拡大・増床。2018年から加速し続けるDeepXの成長――起業して3年目の2018年はどんな年でしたか?

スキ
10

<DeepX HISTORY 前編>世界で勝てる「ものづくり×AI」を目指して。挑戦はこうして始まった丨代表取締役:那須野薫

2021年4月に創業5周年を迎えたDeepX。現在では国内外問わずさまざまな賞を受賞し、メディアに取り上げられる機会も多いDeepXですが、創業時は何もかもが初めてで手探り状態。これまでにはさまざまな苦労がありました。 今回と次回、2回に渡ってお届けするのは、そんなDeepXがに辿ってきた軌跡。「あらゆる機械の自動化」を掲げ、代表取締役としてDeepXを率いる那須野薫のインタビューです。 前編では、起業に至る経緯、起業初期の苦労や印象深い出来事などについて、話を聞きました

スキ
9

どこまでも誠実でありたい。社内にも、社外にも、社会にも。┃CDO(Chief Development Officer):冨山翔司

DeepX創業当初から、開発においてもクライアントコミュニケーションの面でも最前線に立ち続け、会社に貢献し続けてきた冨山翔司。 現在、CDO(Chief Development Officer)として、事業運営に大きな影響を及ぼす決定をする機会も多い冨山は、DeepXでどのような経験を重ねてきたのでしょうか。 これまでDeepXと共に歩んできた道のり、組織を作る上で大事にしていること、プロジェクトの特性についてなど、詳しく話を聞きました。 数々のプロジェクトを推進した、

スキ
11

検索結果には出てこない答えを探して。ゼロから生み出す“モノづくり”丨フィールドエンジニア・PM:西村弘平

DeepX創業時から、役員メンバーとともに会社を支えてきた、西村弘平。今や、いちエンジニアとしての役割にとどまらず、マネージャー業務にも挑戦し、幅広い業務において事業を前進させるメンバーとなっています。 東京大学で金融工学のゼミに所属していた西村は、偶然AI研究に出会い、DeepXの事業に携わることになりました。 彼を大学在学時から惹きつけてきた、DeepXだからこそ体験できる仕事の魅力とは何なのでしょうか?DeepXと共にこれまで歩んできた歴史、そして、DeepXに入社

スキ
24